バイクのある日常 (Bike*Photolog)

wadaken.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車レース( 48 )


2018年 07月 09日

ニセコクラシック2018 番外編

e0017688_21133573.jpg
e0017688_21134156.jpg
そそくさと会場を後にして
綾ニセコで風呂に入るアングルドロアの面々
と一緒に入り山下さんから色々レースの展開
を聞いた。せんべろで飲んでそうなおじさんだが
速いだよな~wリスペクトです!

札幌で回らない寿司を堪能してスナック原価で
何話したてたかわからないw
ホテルに帰って気を失った。
e0017688_21193697.jpg
e0017688_21193959.jpg
翌朝も二条市場で寿司!
すしざんまいです。
e0017688_21214973.jpg
自分の名刺も置いて来ました。
来年あるかな。。

お土産買って千歳に向かう
千歳でも定番のお土産
e0017688_21241038.jpg
スープカレー食べてコンプリート
e0017688_21241339.jpg
ニセコクラシックは距離といい
北海道の環境といい自分に合ってると
思う。来年も是非参加したい
e0017688_21194305.jpg
待ってろ!北海道とでも言うかなw



[PR]

by gs1150 | 2018-07-09 21:12 | 自転車レース
2018年 07月 08日

ニセコクラッシク2018 後編

e0017688_08380387.jpg
4時起床
朝食を食べながらワールドカップを見る
マナブは意識高い系ミュズリーなんぞ食べてる
腰の調子は緊張のせいもあると思うが
まあまあだが念の為、痛み止め飲んで
ホテルを出る。
e0017688_08434647.jpg
6時にサインをしてマッチと同じウェーブに並ぶ
アングルドロアの山下さんも一緒に
定刻から遅れて次々に1分ごとにスタートJBCFのような
緊張感は全くなかった。

今回、知ってる範囲でチェックしてたのはアングルドロア山下さん
サイクルキューブの吉池さん、パイヒルズのマスケンさんくらい
長いパレードが終わる0㎞ポストからリアルスタート

マッチと一緒に飛び出して後ろに付く
昨日少し試走したので上りは順調にいく
チェックしてる人達はもちろん全員近くに居た
下りになるとマッチが速くてどんどん抜かれる
道幅も広くカーブも緩いのでどんどん速度が増す
カーブのキツい所はコーションプレートと人がいるので
分かりやすかった。久しぶりにカーボンやタイヤの焦げた
匂いを嗅いだ。

だんだん、マッチのいる集団と自分たちのいる集団が分かれ始める
マッチに追いつきたかったが、吉池さんもマスケンさんも居るし
その他のオープン50のゼッケン人も何人か居るので結局このグループ
で行くことにした。20人位でオープン50は5人くらいだったが山下さん
姿はこの時には確認できなかった。もう切れたのかなと思っていたのだが、、、

集団も落ち着いたのでマスケンさんに挨拶。ボトルの中身は溶剤ですねと
言われる。この時点で吉池さん、マスケンさん、なるしまの赤塚さん、Morimori
の外国人とセレクシオン比良さん、他に居たかもしれないがローテーションを
積極的にやっていたのこのメンバーだった。

いよいよパノラマラインの長い登り。感じ的には富士スバルラインを上がって
いる感じで勾配は緩い。少し走った所で前の集団にシャークジャージ発見!
マナブだった!その集団の先頭はマッチだった!先頭はまで上がって行ってマッチに
合流。2分交代しているそうだが、そうこうしているうちにマスケンさん、吉池さん
も合流してきた。

頂上付近は霧もひどく路面はウエット。KOMを過ぎてからも少し上ると言うので
下りに備えて先頭付近に段々とペースが上がって行く
完全ウエット濃霧中の長い下りに突入。これで集団がバラバラになった
マッチともう一人が抜け出て2人で下っていく。少し間を取って自分達が追う
構図に終始した。

下りきった平坦区間で青空が!テンションMAX!追い風も手伝って
ペースは速い。集団は20人超で、もちろん先ほどのメンバーは全員居る。
残念だかマナブはこの集団には居なかった。最初の補給ポイントで脚を止めたら
盛大に脚が攣った。何とか誤魔化しボトル1本貰って、ここから海まで淡々と進む

海岸線から橋を渡ってUターンする形で進む。今度は結構な向かい風、ここからは
半分くらいしかローテーション参加してない。時速にして31㎞~34㎞くらい皆
後半の上りに備えている感じだ。。

そんでもって、いよいよ後半の上りに突入!すぐさま、なるしまの赤塚さんがペースを
上げる。すぐに張り付くもだんだん遅れる後ろを見ると吉池さんがぴったり付いてくる
その後ろはもうバラバラだった。ここから吉池さんが協調しましょうと!申し出があり
では、まずはマスケンさんを切りましょうと2人でペースを上げるが今度は自分が切れそう
になるが何とか持ちこたえる。

いったい、いつまで続くんだ!と思ってると吉池さんから残りのコースプロフィールを教えて
貰った。これで大体の距離と時間が分かって頑張れるようになって助かった。KOMを過ぎたあたりで
マスケンさんの切り離しに成功したが、もう一人セレクシオンの比良さんが残ってる。
見た感じ自分より重そうなパンチャー系ダンシングでグイグイ上って行く。

比良さんがなかなか切れなくて2人で攻撃(わざと長く引かせるとか)するとムキになって
脚を使ってくれるので最後の下り前で何とか切り離せた。ここまで来ると脚を使い切った
上位陣が降ってくる。そんな中、和田さ~ん!と!なんとアングルの山下さんが!もう脚使い切って
ダメだからと、、和田さん、このまま行けば入賞だよ言われたが、切れていたと思っていた
山下さんが先行していた事にかなりショックを受けた。(ゴール後一緒に風呂入って展開を教えてもらった)

もう、あとはゴールの上りだけ。メンバーは5人ほど、もちろんしぶとくマッチもいるw
きっちりみんなローテーションしてる。アキちゃんが応援してくれてる。
自分たちが泊まっているホテルの前を過ぎて、上りに入った所で吉池さんが上げる
すかさず後ろに付くもアドバイス貰ったし3位でも上等と思って見送ってゴールしたら
吉池さんが3位だと、、もう一人外国人が先行していたのね。がっくりきた!でも
DNSまで考えていたレースで、ここまで走れて大満足でした。
e0017688_08395289.jpg
地味につづく





[PR]

by gs1150 | 2018-07-08 23:44 | 自転車レース
2018年 07月 07日

ニセコクラッシク2018 前編

e0017688_09593085.jpeg
仕事中に腰を痛めた。
一週間前の事、いわゆるぎっくり腰というやつ
なんでこのタイミングで、、っと自分の運の無さ
を恨んだが、とりあえず近所の整体院をはしごした。

まともに歩けないかったが何とか歩けるように、、
だが、とても140㎞のロードレースを戦う状況じゃない
事に変わりがない。本気でDNSを考えるも残りの4日間
整体院に行きまくった。

羽田で皆と会ったらダメもとでも走れるだけ走ろうとDNSだけは止める
事にして、ギコチナイ歩き方で北海道に向かった
e0017688_10114210.jpg
宿にチェックイン
ニセコ綾。素晴らしいホテルだ!
e0017688_21062484.jpg
フロントにあったパワージェルは無償で配っていた。
好きなだけ持ってっていいと。。そういわれると意外と
控えめで2つほど頂いた。。
e0017688_21063123.jpg
 

気持ちも切り替わったせいか腰の方もいい感じ?
受付も済ませみんなは試走に、自分は最後のあがきとして
会場で前日に予約したbolt tate
というもの施術してもらった後に自分も
試走と言うか自転車乗れるかの確認。。
考えてみれば1週間、1㎜も乗ってなかった
e0017688_21011255.jpg
e0017688_21010666.jpg
十数年ぶりの北海道
気分も高鳴る
肝心の走りの方は高揚感も手伝って
何とか自転車で走れる事を確認

e0017688_21110853.jpg
前夜祭はホテル前のニセコピッツァ。店員がすべて
外国人だった。味は格別もちろんノンアルコールで!

ホテルに帰ってちょうど、ツールドフランスがやっていたので
見ていたが余りの眠さに9時半就寝

さて、本番どうなる事やら
不安しかない。。

つづく




[PR]

by gs1150 | 2018-07-07 23:25 | 自転車レース
2018年 06月 10日

富士ヒルクライム2018

e0017688_12100296.jpg
ツールド熊野が終わって4日ほど
脚を休めた。。富士ヒルの前に
夜2時間ほど乗ったらサラ脚って
こんなに気持ちいいのかと再確認できた

まあ、それほど意気込んで居る訳ではないが
今回の青山双輪會的富士ヒルクライムは前回の飲みすぎ
を反省しつつ、今回はBBQしよう?と言う結果になったそうだ
e0017688_12101420.jpg
いつものスパーオギノで買い出し
6人でビール2パック、ハイボール1パック
この辺にしときましょうと言っていたのに
知らぬ間にビール1パックとワイン2本が追加されてた。
e0017688_12101077.jpg
BBQなんて久しぶり
e0017688_12101813.jpg
ホタテも焼きます!
写真が無いが〆は焼きそば
e0017688_12102295.jpg
さすがに全部飲んだ訳ではなかったが
いい感じで10時消灯

4時に起きて5時前には会場に向かい
なんだかんだ6時前には会場に着いて
自転車を並べる。

去年とは打って変わって会場の段取り
がストレスなく進んでいる
凄い変わりようだな
天気は霧で真っ白だが雨は降っていない
5合目に至っては晴れてるそうだ!

完全に雨を覚悟していただけにラッキー
自分の並んでいる目の前にイナーメのなまためさん
ん!?地元なのに那須出ないだ?
ほどなくしてスタート!

ロードレースじゃないので位置取りとか無くて気が楽です
霧で見えないから道先の勾配が見えなくて走りにくいかった
途中から雨。レインジェルの効果を初めて体感!アームウォーマー
とサングラスは余計だったな

中盤から脚が回り始めて長いなと思っていた距離も短く感じ
そこそこのタイムじゃんと思っていたら1時間18分で去年より
1分縮まっただけで、軽くショック!そうだよな15分切った時は
酒も飲まなかった?上り練習もしたしな。

当然の結果にヒロサク氏とタイム出したければ別行動するしかないけど
青山双輪會の趣旨に反してしまう。まあ、楽しけりゃいいね

10時には下山出来て一緒に来たいしかわ氏と合流して流れ解散。
天気も悪いせいか渋滞も無く2時には帰宅できました。
帰って、地元温泉で脚のオイルを流しつつ温冷浴回復を図りました。

次はいよいよ一か月を切ったニセコクラッシク。
これに向けて頑張ります!

[PR]

by gs1150 | 2018-06-10 23:09 | 自転車レース
2018年 06月 03日

ツールド熊野3day's 3日目

e0017688_11224665.jpeg
朝からネガティブ言動大爆発ww
ある意味吹っ切れた感もあり最終日
な事もあり意外と落ち着いています。

朝からコース1周だけ走ります。
1周10㎞のコースを4周40㎞。
昨年までは3周30㎞だったが、今年は
1周増えた。加えてコースも少し変わって
上りが増えたそうだ。。。
e0017688_11231637.jpg
いい天気だね~w

で、レースは100名以上いた人が最終日には半部に減っています。
リザルトと同じよう控えめに一番後ろに陣取りました。

レースがスタートして最初の500mの上り最後尾で食らい付きます
KOMを過ぎてもダラダラと登りが続きます、ここが一番ここで辛いポイント
完全に一列棒状!綺麗な一列棒状だったw

テクニカルな下りを経てどんぶりを越えたところでマッチに抜かれます
何とか食らい付こうにも、もう脚が残っていな。。後ろを見ると誰もいない
よしさん散ったか!
車とモトに抜かれて最後尾の車に付かれて俺のツールド熊野は終わりました!

いや!まだ終わっていない!!ボロボロと落ちて来たメンバーとグルペット
作ります。フォースとイナーメそしてブラウ。まるっきり昨日のメンバーだww
2周目に入りなんと5分の足切りを順調に使いつつ走りますが、空前の灯
3周目に入って最初の上りでマッチが単独で上っているのを発見!!

3回目の上りだが脚が回る。フォースとブラウ、イナーメを残して単独でマッチを
追うが見晴台の所で赤旗降られて終了!ここで本当に終わりました。

回収バス乗って次の関門でマッチ発見!
バスの中で俺は2周と4/3、アニキは4/2
レベルの低い会話に全員ドン引きww

まあ、無事終わった安堵感とここまで来れた達成感で
満足なツールド熊野でした
e0017688_11234532.jpeg
e0017688_11241641.jpeg
普段走れない格上な人達と走って
意外といけるじゃん!と思ったのが正直な
感想。運もあると思うし、来年は余裕で完走だな

のりすけ、ばんちゃん、よしさん、まっち
おつかれさまでした!
e0017688_11221625.jpg




[PR]

by gs1150 | 2018-06-03 23:21 | 自転車レース
2018年 06月 02日

ツールド熊野3day's 2日目

e0017688_10101994.jpg
昨日完走で気を良くしたのか
マッチと結構な酒を飲んだが
ぐっすり眠れて5時起床の6時出発

リタイヤになった番ちゃんとのりすけは
観光も兼ねて自転車で応援に来てくれる
熊野に向かう途中、昨日入ったすき屋で朝食
同じテーブル同じメニューを食べて縁起を担ぐ
よって今朝もウナギを食べたw

今日の山岳ステージは千枚棚田を上る風光明媚なところ
1周40㎞ほどUCIのレースの後ろを走るので足切り20分と
余裕がある。早速3人で途中まで試走に走るが明らかに脚が重い。。
参った!またまたネガティブな言動が飛び交うw
e0017688_10102674.jpg
マッチとランボ。あとフェラーリも居たな
キナンの会長の所有とか?
e0017688_10103130.jpg
e0017688_10102244.jpg
華やかです!
横で右京理事長が外国選手と談笑してます。

プロ達がスタートして我々もスタート地点に向かうが
ここで結構な足の重さ。ますます気が重くなるが
そんなの関係なく粛々とスタート。

最初の登りだけは何が何でも食らい付いたヨシさん
マッチもいる。マッチが少し先行それに続いて自分とよしさん
ところが、何でもない直線で落車発生!我は難なく切り抜けて
番手を上げる。昨日もそうだが落車で番手を上げるってどうなの?

原因はトップ選手がアスファルト割れ目にタイヤを取られたそうだ。
昨日もトンネルの側溝の溝にタイヤを取られたそうで運が悪いとしか
いいようがないな

結構割れてしまった。自分とよしさんフォースが降ってきて3人に
前にマッチとブラウか?マッチー!マッチー!!と叫ぶが気付かない
よしさんがコムギー!!って叫んだら後ろ向いて合流ww
イナーメ、デフ、バルバ、未だ居たかな?またまた昨日の展開に持ちこむw

千枚棚田の上りはグルペットもバラバラになるが、完走も見えて来たので気持ちが
一気に楽になってきた。
棚田の応援が凄くてツールのラルプデュエズを走っているかのような気分
e0017688_10514965.jpeg
e0017688_10515504.jpeg
上りきれば後は下るだけ
今日もも何とか完走
e0017688_10101417.jpg
リザルトはいつも最後
ギリギリな状態が続きますw

この後、明日の太子町のコースを下見に行きます

おいおい!こっちがクイーンステージじゃないかと
思うほど厳しいコース。さすがに3人とも完走出来る気がしない

どうなることやら、、

3日目に続く





[PR]

by gs1150 | 2018-06-02 23:06 | 自転車レース
2018年 06月 01日

ツールド熊野3day's 1日目

e0017688_08441364.jpg
前日の夜はさすがにビールも飲まずに
ノンアルで過ごす。
緊張の為、あまりよく寝られなかったが
耳栓とアイマスク持って来て良かった!

5時に起床。
6時にホテルを出発、のりすけだけ自走で会場に
向かう。自分たちは途中、好き屋よって朝食
うな丼が目に入り、誰かがレースの時はウナギだよ
っと言うのを思い出しうな丼を食べる。

会場に着いて早速みんなで試走。
コース的にスタートして行って帰ってくるコース
から1周16㎞を4周回で行う。

スタートは前目。湾岸さんにイナーメのなまためさん
その前にフォースが並ぶ。定刻撮りにスタート!
0㎞ポストでローリングが解除されるがいきなり
ドカーンとはいかなく落ち着いているが位置取りは
激しい。。左手にマッチ番ちゃん、目の前にヨシさん
後ろにのりすけと言った位置。

上りが始まる手前でヨシさんが右側から上がって行く
自分も上がる準備で右側に一個目のトンネルは多少明るいが
中央にバリケードがガッチリ設置されてるので祈るような思いで
位置をキープ、抜けてKOMに向かって上っていく

二つ目のトンネルは暗く中央にカラーコーンが置いてあるだけ
ここで先頭左側で落車発生!自分は落ち着いて反対車線出て
切り抜ける。細い民家ゾーンを抜けて今度は上ってきたコースを下っていく
さっきの落車トンネル所で番ちゃんに声を掛ける。(この時すでに落車の影響で
後輪にダメージを負っていた)

下りで途中でヨシさん発見!苦しそうだ!
前に先頭集団が見えていたので何とかヨシさん拾って
集団復帰。。多少緩んでいたので張り付いた喉を潤すが
最後に10%越えの狭い登りがあり、狭いコーナに入る為の
位置取りで瞬く間に速くなる。

集団後ろでコーナに入りここで初めてインナーに
自転車2台分幅の劇坂を駆け上がるとすぐさまテクニカルな下り
で完全に集団は伸びきってスタート地点に戻ってきたが
ここですでに虫の息。。。
遙か先に集団が見える。。
終わった。。

後ろにヨシさんとブラウがいて3人で回すもこれじゃ残りの周回
難しいかな思っていたところにマッチが数名引き連れて戻ってきた!
これで完走に向けてのやる気が出た。落ちて来た人を含めグルペットは10数名ほど
シャークが3人入っていたのでシャークで積極的にコントロール
おじさんたちが楽に走れるように足切りタイムギリギリで走りる
激坂手前で減速の指示か!!ええ足切りか!と思ってたら大きな落車でした
なんでこんなところで??

自分達はそのままゴール。グルペット10名だけ完走でした。

e0017688_08440936.jpg
落車で遅れた集団でのりすけと番ちゃんが居たが残念ながら
ここで終わってしまった。。

熊野はE1 の人たちが多いから落車はないだろうな
と思っていたのが初日から重篤な落車があったので
かなりビビる

明日の山岳ステージは足切りも20分あるので
完走率も高いと聞いているが初日みたいな事も
あるし心配だ。

とにかく3人で頑張るしかない

2日目に続く








[PR]

by gs1150 | 2018-06-01 23:40 | 自転車レース
2018年 05月 31日

ツールド熊野 移動日

e0017688_20461292.jpg
4時にのりすけがけいちゃんと一緒に家に来てもらって
マッチの会社にGO!

マッチの会社で自転車を積み込んでハイエースと
Peugeotで熊野まで600㎞ロングドライブ
今回のツールド熊野のメンバーは、のりすけ、よしさん、番ちゃん
マッチと私。チームシャークアイランドで完走を目指します。


e0017688_20461788.jpg
とりあえず、小麦補給w
マッチのリサーチには逆らえない
なんせ大井優勝!事あるごとに大井優勝!!
番ちゃんも小麦の餌食になり下がろうw

この後車で明日のコースを走って温泉行って
e0017688_20462066.jpg
晩飯喰う。この店で
マッチのテンション駄々下がり。。

宿の帰って明日の作戦だがネガティブな事しか
話に出ない。。

どうなることやら、ツールド熊野


[PR]

by gs1150 | 2018-05-31 20:45 | 自転車レース
2018年 05月 20日

三芳クリテリウム

e0017688_19213350.jpg
緊張のせいかあまりよく寝れなかった。
朝7時頃コースの見回りを兼ねて走りに行くと
Linkの鵜沼さんがいて軽く挨拶
続々と大会関係車両が集まってくる

なんか自宅から直接レースに行く感覚に戸惑いを覚える
落ち着かないのでローラーやっていたらのぶなりくんが来て
続々とメンバー集合してきた。

応援の部長や親分達も来てくれて段々緊張してくる
浮足立ってるのが手に取るようにわかる
ビギナーやフレッシュマン、スポーツと多少のトラブル
はあったようだが順調に進みいよいよエリートの番だ!

待機場所からスタート地点に移動、周りの応援がボルテージを
上げる!とにかく住宅街なのでそこかしこで応援観戦があるので
気持ちもハイテンションになる。

スタートして2コーナー抜けたらリアルスタート!
クリートキャッチに失敗して番手を下げるが落ち着いて皆の後ろに付く
が2周目の2コーナー先でまさかの落車!!何とか切り抜けて前を追うが
完全に離れてしまったメインストレートでよしだパパがすっ飛んでいった
マナブが追うがすぐにやめてしまう。あらかわzooとAパットがブリッヂを掛けて
いるのを自分も追うがどうしても付き切れなかった

ここが今回の分かれ目。落ち着いたらマッチがいない。。巻き込まれたようだ
先頭はイナーメ、大福屋、ツブラーゼ、フォース、玉プロ、ラバネロ、荒川zoo
追走はシャーク3人、フォース、Aパット、VAX。途中出でラバネロが降ってきて
荒川zooが単独落車から追い付いてきた。

完全に絵にかいたような先頭集団のメンツ。本来はここにマッチを付けるはずだった。
先頭集団では大福屋が逃げてるようだ! 追走の我々も微妙に離されて20周目の最終周
では足切りの1分30秒となってしまった。

結局、こむろさん、かわむらくんのスプリントになりこむろさん優勝
追走集団の頭は荒川zooに自分が負けてしまった。。。情けない。。。

後で川村君のストラバ見たら平均時速で2㎞近く離されてる
これじゃ追いつくはずもないし、先頭集団に付いてたとしても
ラバネロの方みたいに千切れていたかもしれない。。。
土台の違いを見た。

戻ってみるとマッチの怪我は思ったほどではなく一安心
いっちゃんや、やすしさんまで応援に来てくれてせめて入賞くらいは
と思っていたのに申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

ビッグで祝勝会を予定してたがマッチも怪我した事だし止めに
しようかと思ったが、マッチの希望で反省会に。。

のりすけ、のぶなりくん、マナブと走りきれて良かった
これからベースを上げる為の課題も見えた

次はツールド熊野

完走を目指す!



[PR]

by gs1150 | 2018-05-20 22:20 | 自転車レース
2018年 05月 13日

宇都宮ロードレース

e0017688_08274567.jpg
昨日と打って変わっての曇天
午後からは雨が降ってくる予報

昨日とは違って朝一スタートでしかも
のぶなりくんと一緒で気持ちも上がる

去年と違って逆回りで危険と言うが自分的には
上りの具合が自分に合ってると試走の時に思った

のぶなりくんと落ち着いてスタート
ローリング長めと言っていたので良かったと
思った矢先にまた落車

何とか切り抜けたが集団が行ってしまった
まだローリング中だったので落ち着いて追いついて
のぶなりくんも確認してスタート

ブラウのハーフの子に付いてやり過ごす
上りはインナーを使わずアウターやり切る
何度かインナーを考えたがここは全部アウター
で行くと決めたが最終周で先頭集団からこぼれて
しまった。。

のぶなりくんにも声を掛けて貰ったが気持ちが切れてしまった。。
まったくどうしたものもか、、、
来週の三芳クリテリウムのプレッシャーが大きくなる。。

[PR]

by gs1150 | 2018-05-13 22:53 | 自転車レース