バイクのある日常 (Bike*Photolog)

wadaken.exblog.jp
ブログトップ

2018年 06月 01日 ( 1 )


2018年 06月 01日

ツールド熊野3day's 1日目

e0017688_08441364.jpg
前日の夜はさすがにビールも飲まずに
ノンアルで過ごす。
緊張の為、あまりよく寝られなかったが
耳栓とアイマスク持って来て良かった!

5時に起床。
6時にホテルを出発、のりすけだけ自走で会場に
向かう。自分たちは途中、好き屋よって朝食
うな丼が目に入り、誰かがレースの時はウナギだよ
っと言うのを思い出しうな丼を食べる。

会場に着いて早速みんなで試走。
コース的にスタートして行って帰ってくるコース
から1周16㎞を4周回で行う。

スタートは前目。湾岸さんにイナーメのなまためさん
その前にフォースが並ぶ。定刻撮りにスタート!
0㎞ポストでローリングが解除されるがいきなり
ドカーンとはいかなく落ち着いているが位置取りは
激しい。。左手にマッチ番ちゃん、目の前にヨシさん
後ろにのりすけと言った位置。

上りが始まる手前でヨシさんが右側から上がって行く
自分も上がる準備で右側に一個目のトンネルは多少明るいが
中央にバリケードがガッチリ設置されてるので祈るような思いで
位置をキープ、抜けてKOMに向かって上っていく

二つ目のトンネルは暗く中央にカラーコーンが置いてあるだけ
ここで先頭左側で落車発生!自分は落ち着いて反対車線出て
切り抜ける。細い民家ゾーンを抜けて今度は上ってきたコースを下っていく
さっきの落車トンネル所で番ちゃんに声を掛ける。(この時すでに落車の影響で
後輪にダメージを負っていた)

下りで途中でヨシさん発見!苦しそうだ!
前に先頭集団が見えていたので何とかヨシさん拾って
集団復帰。。多少緩んでいたので張り付いた喉を潤すが
最後に10%越えの狭い登りがあり、狭いコーナに入る為の
位置取りで瞬く間に速くなる。

集団後ろでコーナに入りここで初めてインナーに
自転車2台分幅の劇坂を駆け上がるとすぐさまテクニカルな下り
で完全に集団は伸びきってスタート地点に戻ってきたが
ここですでに虫の息。。。
遙か先に集団が見える。。
終わった。。

後ろにヨシさんとブラウがいて3人で回すもこれじゃ残りの周回
難しいかな思っていたところにマッチが数名引き連れて戻ってきた!
これで完走に向けてのやる気が出た。落ちて来た人を含めグルペットは10数名ほど
シャークが3人入っていたのでシャークで積極的にコントロール
おじさんたちが楽に走れるように足切りタイムギリギリで走りる
激坂手前で減速の指示か!!ええ足切りか!と思ってたら大きな落車でした
なんでこんなところで??

自分達はそのままゴール。グルペット10名だけ完走でした。

e0017688_08440936.jpg
落車で遅れた集団でのりすけと番ちゃんが居たが残念ながら
ここで終わってしまった。。

熊野はE1 の人たちが多いから落車はないだろうな
と思っていたのが初日から重篤な落車があったので
かなりビビる

明日の山岳ステージは足切りも20分あるので
完走率も高いと聞いているが初日みたいな事も
あるし心配だ。

とにかく3人で頑張るしかない

2日目に続く








[PR]

by gs1150 | 2018-06-01 23:40 | 自転車レース | Comments(0)