人気ブログランキング |

バイクのある日常 (Bike*Photolog)

wadaken.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 30日

限定解除

e0017688_193497.jpg

昨日このネタを書こうと思ったのに・・・一日遅れ^^;


今回レーザーによる視力矯正で視力が上がったため、免許証の「眼鏡等」を外してもらうと免許センターに行きました。
てっきり、地元の警察署でやって貰えると思ってたのに、あっさり「免許センターに行って下さい」と言われてしまった。。。。

センターに行って、受付のおばさんに「眼鏡等の条件解除をして欲しい」と言うと、「限定解除ですね」と言われてしまった。「限定解除?」と聞き直すと、「限定解除と言うんです。」だって・・・
免許の条件だから条件解除じゃないのと思ったけど、指定の用紙にも限定解除って書いてありました。

いつも免許の書き換えとは反対側に向かって行くと、かれこれ16年前の限定解除の試験を思い出しました。
今では教習所を卒業すれば免許を貰えますが、当時は一発試験のみ、限定解除と言う響きはライダーの憧れの的でもありました。
「バイクを一生の趣味にしよう!」誓い(ちょっと大袈裟)「中型免許じゃだめだよなぁ」と思い一代発起しましたが・・・・

当時、埼玉県の合格率が日本一低く、県民ライダーは親戚を頼って東京に住所を移し、府中や鮫洲で受けるというのが状等手段でした。
事実、練習のため入所した、今は無き大泉の都民教習所でも言われました。(当時、都民のスッテカーをヘルメットに貼っておくと合格しやすいと言われていた)
そして輪掛けて合格率を低くしているのが、一ヶ月に一度しか予約が取れない。つまり一ヶ月に一回しか試験が受けられないのである。東京では週一で受けれるため、住所を移す手間を考えても、その方が早いと言う事で頻繁にやられていた。
東京に親戚がいない訳ではなかったが、「気長にやろう」と思っていたので埼玉で受けることにした。 それが間違いの元になろうとは・・・・

通常は「事前審査」という、センタースタンド掛け・バイクの引き起こし・バイクを押しての8の字から成りますが、埼玉県では「事前審査の事前審査があります(笑)」
事前審査の前に、中型免許をもっていない人・18歳未満の人は事前審査を受ける前にはじかれます。法的にはなんら問題ないのですが、「いくら受けてもうからないよ!これは落とすための試験ですと」宣言され、寂しく帰されます。 厳しい戦いが予想される出来事でした(笑)

該当した人が全て退室すると、おごそかにことは進みます。
バイクは使い古したCB750。 自分は体格には恵まれているにもかかわらず、バイクの引き起こしには苦労しました。「タンクに砂が入っている」という噂がありましたが、本当だと思いました。
起こしたら今度は次の人のためにまた倒します。 8の字も「空気圧低くしてるんじゃないの」と思うくらい動きが渋かった。
中には女性の方もいましたが、ことごとく落とされ、女性の中で事前審査をパスした人はいませんでした。 
事前審査にパスすると、ラジオ体操のカード見たいな物にはんこを押されます。事前審査合格ってね! 本番はこれからなのにみんな大喜び! 自分も大喜び! そして一ヶ月先の試験日を予約して事前審査終了!

今から考えると笑ってしまう本番試験。
長くなりそうなので、試験編は後日に続きま~す♪

by gs1150 | 2008-01-30 21:14 | 日常


<< 限定解除 試験編      からしが2個 >>