2015年 09月 16日

Fitbitを使ってみて

e0017688_824043.png

Fitbitを使ってみて1週間が経ちました。

使用目的は日々の生活を数値化して改善点が見つかれば
修正していく感じで、ダイエット目的ではなく、体重コントロール
出来ればという考えで活動量計を探してました。

私が使っているChargeHRは基本的に万歩計が進化した感じです。
自営業である私は基本的に車で移動する事が多く、仕事も肉体労働系
なので歩数は期待できないのですが、心拍数から導きされるカロリーから?
歩数は多めに出ます。

基本情報から身長、体重、年齢、性別などから1日の必要カロリーが算出され
1日の食事を記録していきます。以前はやったレコーディングダイエットと同じで
必要カロリーをオーバーしないように気を付けるようになります。
カロリー情報はFitbitのアプリの中にもありますし、食品を買えば大体カロリー表示してあります。
e0017688_826574.jpg

自家製お弁当や日々の夕飯などカロリーの分からない時はカロナビというアプリがあって
写真を撮って送信すると栄養士がカロリーを表示してくれます。
ただ、表示まで1時間以内で終わる時もあれば、数時間かかる時もありますので
気長に待つ事になります。因みにこの日の夕食は581calと表示されました。
信憑性が気になったので初めからカロリーの分かる食品を試しましたが、概ね10cal以内
に収まっているので使えると思います。(あくまで参考ですが)

気になる運動ですが、私の場合日々の自転車のトレーニングになります。
Fitbitの中のアクティビティの中にサイクリングという項目もありますし
ガーミンのデーターをそのまま入れています。実際は歩いていませんが
カロリーからなのか?歩数も増えますし、面白いのは獲得標高でChargeHR
の中に気圧の変化を読み取って階段を上がった階数が表示されるのですが
自転車で獲得標高が1000mを越えたら36階上がった事になってました。

カロリーの収支が分かるので食べたければ運動すればいいし、実際オーバー
した日が2日ありますが、概ね許容範囲収めていれば毎日体重がグラム単位で
減って行きます。
我慢してないと言えば嘘になりますが、貯金があった日はビールも飲むしカラム-チョ
も食べました。ビールは70オフ、カラム-チョはスリムサイズですがw

こんな感じで日々の生活の中での体重コントロールがしやすくなりました。
睡眠時間や質も教えてくれるので運動を習慣化している方にはとても面白い
おもちゃではないかなと思います。

 
[PR]

by gs1150 | 2015-09-16 23:18 | 日常 | Comments(0)


<< 秩父宮杯      物見山大周回 >>